2019年5月5日

オンナのカラダのミラクル

【4回目】イクって何?女性のココロとカラダに起こる、イクのメカニズム

「イク」とは何か、そのときココロとカラダに何が起こっているのか――。女性が感じるあの感覚の正体を、4回に分けてカラダの専門家「RINO」がわかりやすく解説!ついに第3ステージに突入!シリーズ最終回です、お見逃しなく♡【第1.3日曜日更新】

素敵にイクことが出来るSEXがしたいあなたへ

こんにちは、RINOです。「イク」について学ぶコラムは4回目で最後になります。今までの道のりは長かったですか?まだ文面的に「イク」といった言葉は全く登場していませんが、退屈していませんか。

4回目にして、やっと最後のステージです。やっと、イクという言葉もここで初めて登場します。女性のための女性主導による、素敵にイクためのSEXの「基礎工事」が完了しつつあります。1~3回目をこなせたあなたなら、パートナーのSEXに対する価値観もかなり近いものになっているはずです。

第3ステージはココロとカラダのミラクル

お疲れ様です、ようやく最後のステージまでたどり着きましたね。紆余曲折ありましたが、着いてこれていますでしょうか。まずは第3ステージのポイントを箇条書きで紹介します。

・変わらず、ひそかに女性主導であること
・自分のカラダに起きるミラクルを共有する
・感じ方の頂点を探す
・2人で「脳で感じる波」を捉える

どうでしょうか、何となくワクワクしてきましたね。詳しく見ていきましょう。

セックスはいつだって”ひそかに”女性主導

女性主導
もちろん、このステージでも「女性主導」です。というか、セックスはいつだって女性が主役です。でも、とくに努力はいりません。第2ステージの「脳で感じること」が出来るようになったあなたは、感度が敏感になり、感じる情報の「上書き保存オンナに」進化しています!

リラックスできてパートナーとのSEXに関するトークもでき「SEXは二人で楽しむもの」という意識になっているはずです。この頃から、あなたのカラダにミラクルが出てくるのです。

どういうことかというと、第2ステージの「脳で感じる」ポイントで、クリトリスの先端や膣の内部の敏感な部分が貴方の中で、明確になっていると思うのです。その部分にパートナーの手や舌、ペニスが触れたときに、更に脳みそで「そこ!」と感じてみてください。これを繰り返すことによって、手や舌やペニスの動きをリズムや波と捉えることができ、一番感じる部位に来た時に、感じ方が頂点に来た瞬間を脳が察知しやすくなるのです。

それはまるで、波乗りのように。ミラクルの共有と感じ方の頂点を探して

はじめはうまくいかなくても大丈夫です。少しずつ、カラダとココロにパートナーとのリズムを覚えさせます。それはちょうど、波のトップを捉える感じです。まるで、優雅に波乗りをするサーフィンのイメージ。

そのうち、それはパートナーにも伝わるリズムになります。そのリズム、女性の感じる頂点がわかる瞬間こそ、2人ともが「脳で感じあえる」瞬間です。その大切な時間を共有できるSEXに進化したということはとても大きな進歩ということがわかりますよね^^

よりパートナーに波を伝えやすい方法があります。感じ方の頂点、波のトップに来たときに、みぞおちに少し力を入れます。複式呼吸をした息を吸うタイミングと考えればいいでしょう。

「呼吸」と「感じる頂点」「波のトップ」が合ってくると、その頂点がやってくるタイミングにもバリエーションを持たせることができるようになります。パートナーもそのリズムが意識できるようになれば、セックスに緩急を付けようと楽しんで仕掛けてくるようになりますよ!

セックスの「イク」は2人で脳で感じる波を捉えること

セックス
ここまでこれたなら、すでに「イク」を掴めている証拠です。あなたはパートナー任せて、ダイナミックな大波だったり、連続した波のトップを捉えながら、さらに脳で感じる感度を上げて波のトップを捉える精度をあげることを楽しんでいきましょう。

みぞおちに力が入った波のトップのタイミングこそ、パートナーにも伝わりやすい、あなたのカラダの変化が大きく表れる瞬間です。潤いはあふれるほどになり、クリトリスは大きくなり、膣のいわゆるGスポットは水分を内側にため込んで膨らみ、更に膣全体は、柔らかく厚みを増します。

指や、ペニスに絡みついて、子宮口(ポルチオ)は腹圧(みぞおちに力を入れると腹圧がが高くなります)で下がってきて、パートナーのペニスに感触が感じられるといったたくさんのミラクルが発生します!女性の複雑すぎる進化にびっくりして、感動の嵐となるはずです。(目に見えるカラダの進化、ミラクルとカラダの仕組みの関連性は、また別コラムで!)

2人が織りなすハーモニーこそ、素敵に「イク」ことができる大きな要因

素敵にイクとは、この2人で作り出した2人のリズムです。波のトップを捉え、それを一緒にサーフィンするように、乗り越える。たとえ波をなかなか超えられなくても、そこまでの共同作業は2人の歴史です。早く超えたいと焦る必要はまったくありません。

そして、そこにマンネリも飽きるということもありません。「イク」ことは単なる共同作業ではなく、パートナーのペニスの状況が素晴らしく勢いのある摩擦、筋肉痙攣、筋収縮によるものです。筋肉痙攣のマックスでは、パートナーの射精に繋がりやすくなります。男性の「イク=射精」は一瞬で終わってしまうものですが、女性の「イク」は穏やかな余韻を残し、心地よい疲労に包まれた細く長く続くものとなります。

神秘的、でも、現実的に。セックスを「客観的」に楽しむこと

愛し合うこと
いかがでしたか?こんな長い道のりでセックスという素晴らしい行為が出来るパートナーは、出会うこと自体が難しいのかもしれません。でも、3つのステージを「女性主導」というひそやかで楽しい根回し、策略の集大成で仕上がっていくことは絶対に不可能ではありません。むしろ、それができれば貴方はとても魅力的な女性に変革されています。

第3ステージで出てくる女性のミラクル、進化は、決して若い時代がマックスではありません。更年期に入ってもたとえ閉経しても、その進化は続きます。女性ってずっと、死ぬまで女性なのです。こんなミラクル、あなたも経験したいですよね。

今日からひそかに女性主導!で、素敵な策を練ってください。そして、素敵な貴方がパートナーの良さを引き上げて、一緒に波乗りできるパートナーに仕上げてください。女性主導作戦のコツを話し合ったりするものになれば、女子トークだって100倍は楽しくなると思います^^

4回にわたって「イク」を解説していきました。難しく考えることなく、自分と相手がいかにココロとカラダを一つにさせられる素敵な時間を過ごせるか、ゆっくり考えたり話し合ったり、体感してみてください。

決して焦る必要はありません。まずは今日から、あなたも「素敵にイク」セックスへの道のりを楽しんで進んでくださいね~!

講師:RINO/ボディケア講師&セラピスト/一児の母
専門分野:各種マッサージ(ディープティッシュ、スウェーディッシュ、クリニカル、ロミロミ、リンパティック、マタニティ、ベビー、ストレッチ&整体、タイ式)
アメリカ式アロマセラピー、分析心理学&カウンセリング、ボディメカニクス、解剖学
性格:明るくて聞き上手。好奇心が強みの切り込み隊長で、大人女性の強い味方
経歴:大学卒業後、アメリカでディープティッシュマッサージに出会い、刺激を受け、セラピストになる。スウェーディッシュ、クリニカル、ロミロミ、リンパティック、マタニティな等、様々なマッサージを習得。さらにボディメカニクスと解剖学に基づいた、独自のコーチングメソッドを確立し、神戸でサロン&スクールを開設。全国に各マッサージの受講生を抱えつつ、女性の幸せを探究し続ける。2017年、満を持して女性用性感マッサージをスタート。
⇒サロンの詳細はこちら