2019年3月15日

#2 女性用風俗で働いていて嬉しかったこと

九州で人気実力No,1クラスの「ガルエク」オーナーの優斗さんが、女風セラピスト(キャスト)でいるためのキホンや極意を教えてくれるコラムです♡ 【第1.3金曜日更新】

こんにちは、福岡ガールズエクスタシーの優斗です。

前回、初めてのコラムにて思いもがけない反響をいただきありがとうございました。前回に引き続き、今回も僕なりの視点で思っていることを綴らせていただきますね。

今回のテーマも、続・嬉しかったこと

今回のテーマも引き続き、女性用風俗で働いていて嬉しかったこと#2を書いていこうとおもいます。

前回「ありがとう」という言葉が嬉しいと書きましたが、今回はその「ありがとう」の向こう側(僕らから見て)、お客様が体感した日常における変化なども一例としてお話させていただきます。お客様から教えていただいた一部ではありますが、なるべく脚色せずに書いていきます。

雑誌の最終ページにある怪しい通販(これで君も大金持ち!的な)みたいな表現になるかもしれませんがご容赦ください笑

優しくなれた、自分らしさやゆとりを取り戻せた

日常生活に潤いが生まれ、余裕が出来たというお話は多くの方からお聞きします。今回は家庭があるお客様の場合を例に出してみますね。

・旦那さんに優しくなれた・子供にイライラが減り愛おしいと思える時間が増えた
・妻ではなく母親でもなく、女性に戻った感覚を取り戻せた
・家庭では話せない、友達にも話せない、第3の場所・秘密の場所が出来た
・否定されない
・次の予約時の為に自分磨きを頑張っていたら、鈍感な旦那さんからも「何かキレイになったね、楽しそうだね」と言われ、家庭での会話が増えた


すべて実際にお客様から聞いたお声の数々です。

女性が抱える性のモヤモヤ

この仕事をしていれば、雑誌やネットでよく見聞きする「セックスレス」という言葉が本当に身近に感じられます。聞く限り原因は様々で、「そもそも旦那とはしたくない」「したいけど期間が開きすぎて自分から誘えない」「誘ってみたけど、一回断られたことがトラウマで誘う勇気がない」などなどです。

でも性欲はある、これを発散しようと真っ先に思いつくのは出会い系が多いようです。ただしこの出会い系で男性と会う場合、なかなかのリスクが付きまといます。自分では一回きりのつもりが、相手側が好意を持ってしつこく付きまとってくるなど後腐れがあることもよくあるようです。

加えて家庭に対する背徳感もあり、性欲解消の方法としてはすんなり手を出せないという事につながっているようです。このような状況もあり、さらにストレスを感じてしまっていた女性も多くいらっしゃいました。

「なぜ男性は風俗で性欲を発散できるのに、女性は出来ないんだ!」と感じていたところ、ネットで検索すると「女性用風俗」に行きついた、という女性は本当に多いです。ここ数年で口コミや情報も増えてきた女性用風俗が、女性の性欲解消の一つの選択肢として選べる状況になってきたのでしょう。

それで、僕たちに会いに来てくださって、結果として上記のような「優しくなれた」といういい部分が生まれたなら。こんな嬉しい言葉を聞かせていただいたとき、「嬉しいな、やっててよかったな」と素直に有難く思うことができます。

女性の選択肢が増えるだけで、女性の世界は広がる

少し脱線しますが、女性の性欲って男性のそれとは違いますよね。男性大半の目的である射精したいという感覚と違って、女性が感じる性欲には「肌を重ねたい」「抱きしめられたい」「甘えたい」「頭を撫でられたい」など、人によって性欲の満たされ方が違います。

話しを戻します。上記を含めた精神的な性欲発散、肉体的な性欲発散のその選択肢の一つとして、当店も含めた女性用風俗が利用できるのはとても心地いいと思ってくださるのが嬉しいです。

料金を払えばその場限りの関係で済む手軽さ(勇気いるけど)、不倫や出会い系のようなリスクは負わず(女風も完璧なノーリスクではありませんが)後ろめたさも必要ないという気持ち、そんなこんなで僕らにご依頼をいただき、ありがとうの向こう側(僕らから見て)をお聞きしたとき、心から「本当に良かった。僕こそ、ありがとう」と思えるのです。

家庭があるお客様方から先に書いた「私生活が潤った」という感謝の言葉をいただいて、こう思います。「自分やお店が在ることで、日常のスパイス…というか、少しでも潤滑剤になれているのかもしれない。女性の何か役に立てているのかもしれない」と嬉しくなります。そんな方々が、会う度に表情が明るかったり綺麗になっていたりするのも嬉しいポイントです。

本当に優良な女風に出会うには、自分が何を望み、求めているのかを理解することが大切です

まだまだ発展途上の業界で、女性用風俗サイトの数も規模も、男性用の風俗サイトと比べてかなり少ないのが現状です。良いお店、良いキャスト(セラピスト)を選ぶには一苦労だと思います。

でも、自分にとって一番だと思う優良サロン(女風)に出会うには、まずは自分自身に対峙することが大切になってきます。自分はどうされ(し)たいのか、何が希望なのか、どんな時間を過ごしたいのか。そこに目を向けるだけで、女風選びに大きなブレは生じにくくなりますよ。

現在はTwitterなどで積極的に情報を発信しているお店、キャストなどもいます。そこで何となくお店の雰囲気だったり、キャストの雰囲気ややり取り等も参考にしてみて下さい。自分に合いそうなお店やキャストを選ぶとき、自分自身を理解していると大きな失敗はしないように思います。

Twitter上では女性用風俗の情報を発信、共有されてるアカウントの方も全国にたくさんいます。その情報の見極めは大事ですが、一つの方法として検討してみるのもいいかもしれませんね。

えーっと、長いうえにまた話しが脱線してましたね。お店選びは別に書こうと思ってましたがついででごめんなさい(またちゃんと書きます!)。

ありがとうの向こう側、その先には僕らのモチベーションに繋がる「女性の幸せ」がある

他にもたくさん、女性から嬉しいお言葉ややる気に繋がる幸せなマインドをいただいておりますが、それはゆっくりじっくり、コラムでお伝えしていければと思っています^^

「ありがとう」の向こう側にある、その「女性の幸せ」に気づくことができたときは、やっていてよかったと心底思えるときです。僕らが女性たちの日常生活の潤滑剤になれたかもしれない。そして、それを笑顔で話してくれるお客様の姿。

それは僕のパワーとなり、女性用風俗のキャスト(セラピスト)という仕事をするモチベーションにもなっています。女性の幸せに少しでも寄り添えているのなら、これからもそんな存在でいたいと思っています。僕の方こそ、僕たちの方こそ、いつも「ありがとう」ございます。

今回もお読みいただきありがとうございました。次回はちょっと違う事を、書いてみますね!

福岡ガールズエクスタシー 優斗


お知らせ

〇新人さんがいい、割引価格で一度試してみたい女性に

〇システム変更でお得な割引価格も

講師:優斗/性感セラピスト/会社員、女性用ソープ、デリヘル店で店長の経験を持つ/趣味はスポーツ観戦、ドライブ、カラオケ
専門分野:各種性感マッサージ、お悩み相談
性格:温厚で聞き上手
⇒サロンの詳細はこちら