2019年2月8日

「緊縛が織りなす魅惑の世界」前編

レディナビでも人気の緊縛師「にっしー」が、アナタをめくるめくSMへの世界へご招待♡ 魅惑の世界を覗いてみませんか。 隔週更新

初めまして!関西で女性用風俗店の運営、キャストをしています二階堂翔と申します。”にっしー”と呼んでください。この度、縁あってこちらでコラムを書かせていただくこととなりました。よろしくお願いいたします。

僕は緊縛などのいわゆる「SM」といわれるプレイに造詣が深いこともあり、こちらでは「性」についてはもちろんですが、SMの世界観についても書いて欲しいとのご要望を承りました。

SMのイメージ

ちなみに、あなたはSMと聞いてどう思われますか?「痛い」「怖い」「変態」といった暗ーいイメージをお持ちではないでしょうか。
でも反面、少し興味もあったりしませんか?あの隠微で退廃感あふれる世界観は古今東西、多くの人々を魅了してきました。長い年月をかけて進化してきた独特の「性文化」だとも言えます。

SMって正しい知識をもってすればとても気持ちのいいものなんですよ。だから廃れることなく現代まで受け継がれてきた。僕のコラムでその世界に触れ、危険度を正しく理解し、安心安全に楽しんでいただけたらなぁ、なんて思っています。

前置きが長くなりましたね。では本題に入りましょう

記念すべき第一回目は・・・

「SMの基本のキ!緊縛が織りなす魅惑の世界」というお題を頂戴しました……、って早速SMです(笑)。テーマが大きく、長くなるので2回にわけて書いていきます。

緊縛とは

ウィキペディアによると緊縛とは「受身の者を縄あるいは紐状もしくは帯状のもので拘束し身体の自由を奪う行為を指す」ということで……

うーん、固いな……(苦笑)。

まあ簡単に言うと、縄などでお相手を縛る行為ですね。あなたも何かしらのメディアで見られたことはあるかと思います。そして緊縛と一言で言っても快楽追求や調教、撮影目的などその趣旨は多岐にわたります。ちなみに当店では快楽や自己解放に特化した緊縛をしています。

縄で縛って気持ちよくなるの?
まあほとんど方はそう思います。あなたもそうではないですか?実は僕もそうでした。

ただの好奇心で入った緊縛の世界

怖いもの見たさと隠微な世界観に惹かれて飛び込んだ緊縛の世界。そこで見た光景は衝撃的なものでした!縛られて歓喜の声を漏らす、吊るされて恍惚の表情を浮かべる。縄を解いた後も続く余韻と快楽……。今までの概念を覆すには十分すぎる衝撃を受けました。まるで異次元空間!(注:高い技術を持った緊縛師だからできることで、誰にでもできるわけではありません)そして責め側、受け手側のその精神性の高さにも感動しました。

ただね……アングラな世界なんだよね……

でもね……興味を持っている人も多いんだよね。もし危険でないのなら、体験してみたいとか見てみたいとか思いませんか?なにより異次元の快楽って興味ありませんか?

身体を縛って心を解放する、と言われるほどに奥が深い緊縛の世界、まずは知ることから始めてほしいと思います。やっぱり長くなりますね(笑)。今回はこの辺で!次回、コラム後編にてより深くお話していきます。

講師:二階堂 翔/性感セラピスト/緊縛師/子どもを愛する父
専門分野:SM、逝かせ縄、各種性感マッサージ
性格:優しくて穏やかで聞き上手。好奇心旺盛
⇒サロンの詳細はこちら