2020年7月3日

ラブイ私になる方法アイキャッチ

ラブいスイッチの入れ方①「可愛いわたし」は一日にして成らず!

淑女のみなさま、今日も「オンナ」を嗜(たしな)んでいらっしゃいますか?セクシャル文筆家「花悦」が本名「ムラカミアヤノ」としてパワーアップ!「ラブいスイッチの入れ方」と称して、殿方とのデートでその気にさせる”色っぽテク”をシリーズで連載していきます♥

本名にしました!

こんにちは、ムラカミアヤノです!

これまでは花悦(はなえつ)というペンネームで書いていましたが、今回から本名で書きたいと思います!

さらにありのままのわたしで、毎月文章をお届けしたく!

花悦と同じ人間なので安心してね

さて今回から、4週に渡り「ラブいスイッチの入れ方」と題して、殿方とのデートにおいて男女の色っぽい空気の漂わせ方についてお伝えしてきます!

「ついつい友達っぽく終わってしまう」「恥ずかしくて甘えられない」「漫画のヒロインみたいな甘いセリフを言ってみたい」そんなレディにオススメの内容です!

いきなり「可愛いわたし」になれるわけがない!

カップル 自転車

例えば自転車に初めて乗るとき、いきなり補助輪なしでスイスイ走れる人ってそんなに多くないよね?

一歩間違えれば大きな事故になるかもしれない。

ファッションだってメイクだってそう

合わないヒールでかかとを痛めたり、眉毛を切りすぎたり、そういう失敗を経て、わたし達は徐々に自分に似合うものを取り入れられるようになる。

それなのに!

こと恋愛となると、本番でいきなりうまくやろうとするレディのなんと多いことでしょう!!

デート中に突然、「可愛いわたし」でいようとすることは、坂道をいきなり補助輪なしで自転車に乗るのと一緒ですから!!あぶなーい!!

ラブい雰囲気を作るにも、それなりの練習が必要なの、わかってもらえるかな?

ラブい空気作りに必要な3ステップとは?

カップル

「ラブい空気作り」にも練習が必要だってことがわかってもらったところで、その具体的な練習方法について伝えるね。

大きく分けるとこの3つ。

①インプット
②アウトプット
③実践

それぞれを詳しく書いてみるとこんな感じ!

①インプット

まずは甘えたり、頼ったりする土壌を内面からも、外見からも構築していく必要があるの。

言うなれば「自主トレ」。

自分の中の女性性を尊重することにも繋がるんだけど、「可愛い自分」をインストールするために必要なレッスンについては次回、詳しく説明していくね。

②アウトプット

「可愛い自分」をインストールしたら、それをちゃんと外でも発揮できることが大切。

試合でちゃんとバットを触れるように「素振り」や「練習試合」をしていこう!

職場や親しい友達相手に実際に言ってみる、お願いしてみることで、より「可愛い自分」「ラブい空気が出せる自分」を確固たるものにしていけるのでトライするのみ♪

第3回で具体的な方法について説明していくよ。

無理!と思ってもまずはトライしてみて欲しいな。

③実践

練習をある程度こなしたらあとは「本番」にのぞむだけ。

ついついいつもの自分に戻りそうになるところを、どうやってラブい空気に変えていくのかは最終回で伝えるね。

実際にわたしがデートで使ったセリフなども惜しみなくお伝えできればと思ってるよ。

関係を深めたいときにピッタリの奥の手も伝授しちゃうからお楽しみに!

これまで出来なかったことでも、あなたがのぞむならなんだって叶うってわたしは思ってる。

「可愛い自分」「甘えたり、頼りたい自分」も認めて表現していけたら、また世界はさらに優しくカラフルになっていくから、一緒に楽しんでチャレンジしていこうね!

今日はこのへんで。また次回お会いしましょう!

素敵なセンシュアルライフを♪

講師:ムラカミアヤノ/文筆家/煩悩の数よりも多い人数を経験/愛猫家

専門分野:セクシャルな物書き
性格:繊細ながらも好奇心旺盛
経歴:大学卒業後、普通のOLになるも挫折、ニート、カメラマンなどを経て、現在物書きの道へ。


note